ホーム  >  買戻しの特約 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  買戻しの特約

読み方:かいもどしのとくやく

解説

不動産の売買契約と同時に、 売主が代金と契約費用を返還して一度売った不動産を取り戻すことができるという特約。買戻しの特約の 登記は、所有権移転登記と同時にしなければならない。登記をすることで第三者に対抗することができる。

買戻しの特約は金融における担保として利用されることが多い。例えば、AがBに対して、 土地を売る。この代金が3,000万円だとすれば、これによりAは3,000万円を得る(これが金を借りたことに該当する)。そして 売買の際に「将来AがBに3,000万円を交付するならばAがその土地を取り返す」という合意(特約)を結んでおく。これは見方を変えれば、Bが土地を担保にとって、Aに3,000万円を貸し付けた、と見ることができる。

また、公的事業主(住宅供給公社等)が分譲した住宅・宅地等においては転売防止等を担保するために、利用される場合もある。

買戻しの期間は10年を超えることはできず、10年を超える期間を定めたときは10年に短縮される。また、期間の定めをしなかったときは、その期間は5年とされる( 民法580条)。


関連用語


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ