ホーム  >  請負契約 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  請負契約

読み方:うけおいけいやく

解説

当事者の一方(請負人)がある仕事を完成させ、他方(注文者)がこれに対して報酬を支払う 契約( 民法632条)。一般的には 建物建築や土木工事など、有形的な仕事について締結される。労務の供給そのものが目的ではなく、仕事の完成が目的である点に最大の特徴がある。

請負人自身が仕事をしなくてもよく、下請けに出すこともできるが、建設業法では、建設業者として工事管理業務を放棄した一括下請けは原則として禁じている。

注文者は完成した目的物の引渡しを受けるのと同時に報酬を支払えばよい(同法633条)。目的物に 瑕疵(欠陥のこと)があれば補修や 損害賠償の請求ができる(同法634条)。また、注文者は仕事が完成するまでならいつでも請負人の損害を賠償して契約を解除することができる(同法641条)。

なお、建設業法19条では工事請負契約の書面化を義務としている。 建設工事標準請負契約約款と呼ばれるモデル契約書がある。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ