ホーム  >  認定長期優良住宅新築等特別税額控除 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  認定長期優良住宅新築等特別税額控除

読み方:にんていちょうきゆうりょうじゅうたくしんちくとうとくべつぜいがくこうじょ

解説

居住者が、 認定長期優良住宅の新築又は建築後使用されたことのない認定長期優良住宅の取得(以下新築等という)をして、 長期優良住宅の普及の促進に関する法律の施行の日(平成 21年6月4日)から平成 23年 12 月 31 日までの間に、その家屋をその者の居住の用に供した場合(その新築の日又はその取得の日から6ヶ月以内にその者の居住の用に供した場合に限る)には、一定の要件の下で、その認定長期優良住宅について講じられた構造及び設備に係る「標準的な費用の額」 (1,000 万円を限度とする)の10%に相当する金額がその年分の所得税の額から控除される。
また、その年分の所得税の額から控除しても控除しきれない金額については、翌年分の所得税の額から控除される。

認定長期優良住宅について講じられた構造及び設備に係る「標準的な費用の額」とは、認定長期優良住宅の構造の区分ごとに、平米当たりで定められた金額(次表参照)に、その認定長期優良住宅の床面積を乗じて計算した金額をいう(平成21年国土交通省告示第385号)。

構造の区分 床面積1㎡当たりの標準的な費用の額
木造・鉄骨造 33,000円
鉄骨鉄筋コンクリート造
鉄筋コンクリート造
36,300円
上記以外の構造 33,000円

【控除額の計算】
認定長期優良住宅について講じられた認定長期優良住宅
構造及び設備に係る標準的な費用の額×10%=新築等特別税額控除額
(最高 1,000万円) (100円未満の端数切捨て)

なお、認定長期優良住宅の新築等について、 住宅ローン控除を適用する場合には、その認定長期優良住宅の新築等についてこの認定長期優良住宅新築等特別税額控除は適用できない。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ