ホーム  >  物納 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  物納

読み方:ぶつのう

解説

相続税は、各納税義務者が納付期限内に金銭をもって納付することを原則としているが、金銭納付の例外として物納制度が認められている。物納制度は、相続税だけに設けられている制度である。

相続税の課税財産には、換金しにくい 土地や家屋などもあり、 延納の許可を受けてもその延納期間や分納期限までに納付することができない場合も予測されるので、この制度が設けられている。
すなわち、申告による納付税額又は更正、決定による納付税額を金銭で納付することを困難とする事由がある場合には、その納付を困難とする金額を限度として物納を申請することができる(相続税法41条)。

物納のできる財産及び順序は、次のとおりである。

  1. 国債及び地方債
  2. 不動産及び船舶
  3. 社債、株式、受益証券
  4. 動産

なお、 抵当権が設定されている土地などの管理処分不適格財産については物納が認められず、 市街化調整区域内の土地などの物納劣後財産については他に物納適格財産がない場合に限り物納が認められる。

物納財産の収納価額は、相続税評価額となる。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ