ホーム  >  店舗併用住宅等を売ったときの特例 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  店舗併用住宅等を売ったときの特例

読み方:てんぽへいようじゅうたくとうをうったときのとくれい

解説

個人が自分の居住の用に使っている家屋とその敷地を売って一定の要件に当てはまるとき 譲渡所得について、3,000万円の 居住用財産の譲渡の特別控除の特例などが受けられる。

ところで、家屋には居住用と店舗用が一緒になっている店舗併用住宅や、居住用と事務所用が一緒になっている事務所併用住宅もある。

この店舗併用住宅等を売ったときに、3,000万円の特別控除の特例を受けることができるのは、店舗併用住宅等のうち自分の居住の用に使っていた部分に限らる。

なお、居住の用に使っていた部分が全体の90%以上であるときは、全体を居住の用に使っていたものとしてこの特例を受けることができる。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ