ホーム  >  相続税・贈与税を計算するときの土地建物の評価 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  相続税・贈与税を計算するときの土地建物の評価

読み方:そうぞくぜい・ぞうよぜいをけいさんするときのとちたてもののひょうか

解説

相続税贈与税を計算するときに、 相続贈与などによって取得した 土地建物がいくらになるか評価する必要がる。その評価方法は下記のとおりである。

1 土地の評価方法

土地は、原則として 宅地、田、畑、山林などの 地目ごとに評価する。土地の評価方法には、 路線価方式と倍率方式がある。

  1. 路線価方式 路線価方式は、 路線価が定められている地域の土地の評価方法である。路線価とは、路線(道路)に面する標準的な宅地の1㎡当たりの価額のことである。路線価方式における土地の価額は、路線価をその土地の形状等に応じた奥行価格補正率などの各種補正率で補正した後に、その土地の面積を掛けて計算する。
  2. 倍率方式 倍率方式は、路線価が定められていない地域の土地の評価方法である。倍率方式における土地の価額は、その土地の 固定資産税評価額に一定の倍率を掛けて計算する。

路線価図及び評価倍率表は、国税庁ホームページの「路線価図等閲覧コーナー」のほか、全国の国税局や税務署で閲覧することができる。 

2 建物の評価方法

建物は倍率方式を採っており、その倍率は1.0倍である。したがって、その評価額は固定資産税評価額と同じとなる。

3 その他

  1. 賃貸されている土地や建物については、権利関係に応じて評価額が調整されることになっている。
  2. 相続した宅地等が住宅や事業用として使われている場合には、限度面積までの部分についてその評価額の一定割合を減額する相続税の特例がある。
  3. 負担付贈与あるいは個人の間の対価を伴う取引により取得した土地や建物等について贈与税を計算するときは、通常の取引価額によって評価する。

外部リンク


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ