ホーム  >  消費税の納税義務の免除 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  消費税の納税義務の免除

読み方:しょうひぜいののうぜいぎむのめんじょ

解説

消費税では、その課税期間の基準期間における課税売上高が1千万円以下の事業者は、納税の義務が免除される。

この納税の義務が免除される事業者(以下「免税事業者」という)となるか否かを判定する基準期間における課税売上高とは、個人事業者の場合は原則として前々年の課税売上高のことをいい、 法人の場合は原則として前々事業年度の課税売上高のことをいう。

なお、基準期間が1年でない法人の場合は、原則として、1年相当に換算した金額により判定することとされている。具体的には、基準期間中の課税売上高を、基準期間に含まれる事業年度の月数で割った額に12を掛けて計算した金額により判定する。

課税売上高は、輸出などの免税取引を含め、返品、値引き、割戻しをした対価の返還等の金額を差し引いた額(税抜き)である。

なお、基準期間において免税事業者であった場合には、その基準期間中の課税売上高には、消費税が含まれていないので、基準期間の課税売上高を計算するときには税抜きの処理は行わない。

また、新たに設立された法人については、設立1期目及び2期目の基準期間はないので、原則として納税義務が免除される。

しかし、基準期間のない事業年度であってもその事業年度の開始の日における資本金の額又は出資の金額が、1千万円以上である場合は、納税義務は免除されない。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ