ホーム  >  譲渡担保により資産を移転したとき | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  譲渡担保により資産を移転したとき

読み方:じょうとたんぽによりしさんをいてんしたとき

解説

債務者債務弁済の担保としてその有する資産を譲渡した場合において、その契約書に次のすべての事項を明らかにし、かつ、その譲渡が債権担保のみを目的として形式的にされたものである( 譲渡担保)旨の債務者及び 債権者の連署による申立書を税務署に提出したときは、税法上はその譲渡がなかったものとして取り扱われる。

  1. その担保にかかる資産を債務者が従来どおり使用収益すること。
  2. 通常支払うと認められるその債務にかかる利子又はこれに相当する使用料の支払に関する定めがあること。

なお、その後、これらの要件のいずれかを欠くこととなった場合又は 債務不履行のため資産がその弁済に充てられたときは、これらの事実が生じたときにおいて、譲渡があったものとして取り扱われる。

また、形式上、 買戻しの特約売買又は 再売買の予約とされているものであっても、上記のような要件を満たしているものは、譲渡担保に該当するものとしてこの取扱いが適用される。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ