ホーム  >  固定資産税 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  固定資産税

読み方:こていしさんぜい

解説

その年の1月1日に所有する固定資産( 土地、家屋、償却資産)について、その所有者に対して課せられる市町村(特別区は都)税である( 指定都市では区に権限委任)(地方税法342条)。

固定資産税の税額は原則的に固定資産税課税標準額の1.4%とされている。
ただし一定の新築住宅については固定資産税額の軽減措置が実施されており、また住宅用地については固定資産税課税標準額そのものが圧縮されている。

固定資産税は毎年1月1日において、固定資産課税台帳に所有者として登録されている者に課税される。
したがって、年の途中で 不動産売買が行なわれて、所有者が変わった場合であっても、納税義務者は元の所有者となる。こうした場合は不動産売買契約書に、その年度分の固定資産税額は引渡し日を基準として日割計算し、その前日までの分は売主が、引渡し日以降の分は 買主がそれぞれ負担するという条項を設け、残代金決済のときに精算するのが一般的である。


関連用語


外部リンク


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ