ホーム  >  個人の事業税の課税対象 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  個人の事業税の課税対象

読み方:こじんのじぎょうぜいのかぜいたいしょう

解説

個人の事業税は、第一種事業、第二種事業、第三種事業として限定列挙されている事業について課税対象となる。

不動産関係では、第一種事業に不動産貸付業、駐車場業、不動産売買業などが列挙業種とされている。このうち、不動産貸付業と駐車場業については、課税対象とされる基準が設けられており、下記のような貸付が課税の対象となる。



不動産貸付業
  建物の貸付土 地 の 貸 付
住宅用一戸建10棟以上 契約件数が10以上または貸付総面積が2000㎡以上
一戸建以外10室以上
住宅用以外一戸建5棟以上 契約件数が10以上
一戸建以外10室以上
上記のものをあわせて貸し付けている場合には、貸し付け総合計件数が10以上


駐車場業
  1. 建築物である駐車場または機械設備を設けた駐車場の場合(駐車場可能台数に関係なく課税の対象となる)
  2. 1以外で、駐車可能台数が10台以上である場合

著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ