ホーム  >  国税優先の原則 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  国税優先の原則

読み方:こくぜいゆうせんのげんそく

解説

国税は、納税者の総財産について、原則として、すべての公課その他の 債権に先だつて徴収される(国税徴収法8条)。

その例外としては、以下のようなものがある。

  1. 納税者が国税の法定納期限等以前にその財産上に 抵当権を設定しているときは、その国税は、その換価代金につき、その抵当権により担保される 債権に次いで徴収される(同法16条)。
  2. 納税者が 質権又は抵当権の設定されている財産を譲り受けたときは、国税は、その換価代金につき、その質権又は抵当権により担保される債権に次いで徴収される(同法17条)。
  3. 不動産保存の 先取特権、不動産工事の先取特権(同法19条1号、2号)。

著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ