ホーム  >  居住用財産の譲渡の軽減税率 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  居住用財産の譲渡の軽減税率

読み方:きょじゅうようざいさんのじょうとのけいげんぜいりつ

解説

自己の居住用土地建物を譲渡したときに、一定の要件に当てはまる場合の税率の特例。

所得金額6,000万円以下の部分は14%(住民税4%含む)、6,000万円を超える部分は20%(住民税5%含む)。

3,000万円の 居住用財産の譲渡の特別控除も合わせて適用がある。

この軽減税率の特例を受けるには、次の五つの要件すべてに当てはまることが必要である。

  1. 日本国内にある自分が住んでいる家屋を売るか、家屋とともにその 敷地を売ること。なお、以前に住んでいた家屋や敷地の場合には、住まなくなった日から3年目の年の12月31日までに売ること。
  2. 売った年の1月1日において売った家屋や敷地の所有期間がともに10年を超えていること。
  3. 売った年の前年及び前々年にこの特例を受けていないこと。
  4. 売った家屋や敷地についてマイホームの買換えや 交換の特例など他の特例を受けていないこと。
  5. 売り手と買い手の関係が、親子や夫婦など特別な間柄でないこと。特別な間柄には、このほか、生計を一にする親族、内縁関係にある人、特殊な関係のある 法人なども含む。

著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ