ホーム  >  PML | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  PML

読み方:ぴーえむえる

解説

Probable Maximum Lossの略で、予想最大損失率と訳される。地震発生時の被害の程度を示す指標の一つで厳密に定義されたものではないが、一般には下記の式で表すことができる。

PML=想定地震発生時の建物被害復旧費用÷建物の再建築費用(単位:%)

ここでいう想定地震は、 建物の一般的耐用年数である50年間に、10%の確立で発生する大地震(再現期間475年の地震に相当)である。

例えばある建物の再調達費(現時点で新築すれば10億円)が、最大規模の地震(建物の 敷地ごとにその大きさを予想、例えば震度6強~7程度)を受けた場合の補修費(構造体、仕上げ材、設備・機器の損失を含む)が最大で2億円かかると予想されると、その建物のPMLは(2億円/10億円)x100=20%となる。この定義からわかるようにPMLは、0%(無被害)から100%(全損)の値で評価され、PMLの値が小さいほど建物の地震による被害リスクは小さいことになり、耐震性能が優秀な建物(もしくは大規模な地震の発生しにくい地域に所在する 不動産)であるといえる。

なお、この値が20%を超える場合には一般には 地震保険への加入が勧められる。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ