ホーム  >  特定目的会社 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  特定目的会社

読み方:とくていもくてきがいしゃ

解説

資産を取得・保有し、その資産を裏付けにした証券を発行して資金を集めることを目的として設立された 法人のこと( 資産の流動化に関する法律16条以下)。

業務としては、特定資産(金銭債権、 不動産など)の流動化、すなわち有価証券の発行による資金調達および特定資産の譲受のみに限定される。一定の要件の下、税制上の優遇措置を与えられている。また、特定資産を処分した後には解散することが原則とされている。

実態の無い器( ビークル)であるため、特定資産の管理・処分の業務は信託会社等に 信託しなければならないとされているが、特定資産が不動産である場合は、財産的基礎を有する者(不動産業者等)に委託することができる(同法200条)。

特定目的会社のことをSPC(Speciffic Purpose Company)ということが多いが、資産の流動化に関する法律に基づかないで株式会社や有限会社形態による「特別目的会社」を利用して流動化する方法もあり、これらについてもSPC(Special Purpose Company)と表記することもある。

特別目的会社とは区別するため、特にTMK(Tokutei Mokuteki Kaisha)と呼ぶこともある。

なお、資産の流動化に関する法律に基づく特定目的会社以外に、商号中に特定目的会社の文字を用いてはならない(同法15条)。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ