ホーム  >  土地家屋調査士 | 茨木市の不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

  土地家屋調査士

読み方:とちかおくちょうさし

解説

他人の依頼を受けて、 不動産表示に関する登記、これらの 登記の前提としての現況調査・測量・ 土地の境界確定の立ち会い等も行い、必要な土地・家屋に関する調査・測量・申請手続き・ 審査請求手続きをすることを業とする者。

具体的な業務としては、土地分筆登記、土地合筆登記、地目変更登記、 地積更正登記、建物表示登記などの登記申請を代理し、またこれらの登記の前提としての現況調査・測量・土地の境界確定の立ち会い等も行う。 

資格は以下の者に限定される。


  1. 土地家屋調査士試験に合格した者。
  2. 法務局又は地方法務局において不動産の 表示に関する登記の事務に従事した期間が通算10年以上となる者。
  3. 法務大臣が土地家屋調査士業務を行うのに必要な知識及び技能を有すると認定した者。

関連用語


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ