ホーム  >  建物の構造 | 茨木市の不動産情報ならセンチュリー21大和住研



カテゴリから探す

  建物の構造

読み方:たてもののこうぞう

解説

建物の主たる部分の構成材料、屋根の種類及び階数により下記のように区分して定め、 これらの区分に該当しない建物については、これに準じて定めるものとされている(不動産登記規則114条、不動産登記事務取扱手続準則81条)。

構造材料による区分としては、木造、土蔵造、石造、れんが造、コンクリートブロック造、鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造などがある。

屋根の種類による区分としては、瓦葺、スレート葺、亜鉛メッキ鋼板葺、草葺、 陸屋根などがある。

階数による区分としては、平家建、2階建、3階建などがあり、地下部分のある場合には、例えば「地下1階付○階建」とする。

したがって、例えば、わが国でよく見られる個人住宅の構造は「木造瓦葺2階建」等となる。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ