ホーム  >  建物所在図 | 茨木市の不動産情報ならセンチュリー21大和住研



カテゴリから探す

  建物所在図

読み方:たてものしょざいず

解説

1個又は2個以上の 建物の所在を表示するために作成される図面。建物所在図は、 地図及び 建物図面を用いて作成することができる(そのため縮尺は原則として当該地域の地図と同一となる。不動産登記事務取扱手続準則15条 )。

また、 新住宅市街地開発法等による不動産登記に関する 政令6条2項の建物の所在図その他これらに準ずる図面は、適当でない特別の事情がない限り、建物所在図として 登記所に備え付けられる(不動産登記規則11条)。

建物所在図には、地番区域の名称、建物所在図の番号、縮尺、各建物の位置及び 家屋番号区分建物にあっては、当該区分建物が属する一棟の建物の位置)が記録される(同規則14条)。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ