ホーム  >  対抗要件 | 茨木市の不動産情報ならセンチュリー21大和住研



カテゴリから探す

  対抗要件

読み方:たいこうようけん

解説

当事者間ではすでに成立している権利関係を、第三者に対して主張するための要件をいう。

動産の対抗要件は引渡しであり( 民法178条)、 不動産の対抗要件は 登記である(同法177条)。

例えば、 土地の所有者甲から土地を二重に譲り受けた乙と丙のうち、丙が先に所有権移転登記をすると、 契約が乙より後であっても、乙に対して 所有権を取得したと主張でき、反対に登記しない乙は丙に所有権の主張ができない。

なお、 借地権は、その登記がなくても、土地の上に借地権者が、登記されている 建物を所有するときは、これをもって第三者に対抗することができる(借地借家法10条1項)。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ