ホーム  >  取引事例比較法| 茨木市の不動産ならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

  取引事例比較法

読み方:とりひきじれいひかくほう

解説

不動産の鑑定評価の手法のひとつで、評価すべき 不動産と条件の近い物件の取引事例を多数収集して、売り急いだ物件や投機的な物件などは事例から排除して適切な事例の選択を行い、さらに事情補正および時点修正を行い、かつ、地域要因の比較、及び個別的要因の比較を行って求められた価格を比較考量し、これによって対象不動産の試算価格を求めるものである。

中古住宅・中古 マンションの評価、査定などで一般に使われている手法である。

この手法で求められた試算価格を「比準価格」という。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ