ホーム  >  DCF法| 茨木市の不動産ならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

  DCF法

読み方:でぃーしーえふほう

解説

Discounted Cash Flow 法の略で、直訳すると「割り引き現在価値法」。

不動産の鑑定評価基準において、収益還元法による収益価格を求める具体的手法として、それまで活用されてきた 直接還元法に加えて新たに導入された。

単年度の純収益をもとに計算する直接還元法に対して、DCF法は、将来生み出す純収益を含めた現在価値の総和を 還元利回りで割ることで評価する。

DCF法では、毎期の収益をもとに詳細な計算を行なうため、特に 不動産投資信託では、保有不動産をDCF法によって鑑定評価することが原則とされている。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ