ホーム  >  液状化現象 | 不動産のことならセンチュリー21 大和住研



カテゴリから探す

不動産鑑定評価関連用語
不動産登記関連用語
不動産投資関連用語
不動産取引関連用語
不動産各種団体関連用語
税金・税制関連用語
民法その他法律関連用語
借地借家関連用語
土地区画整理関連用語
宅地建物取引業法関連用語
農地法関連用語
金融関連用語
マンション関連用語
建築関連用語
建築設備関連用語
建築基準法関連用語
国土利用計画法関連用語
都市計画法関連用語
各種地域・地区関連用語
住宅性能評価関連用語
宅地造成関連用語
その他

  液状化現象

読み方:えきじょうかげんしょう

解説

液状化とは、砂がゆるく堆積してできた地盤が振動によって液体のように流れやすくなること。

地盤が液状化すると、地盤自体が流動し支持力が維持できなくなるため、 建築物の倒壊を引き起こすことになる。

液状化現象が世間の注目を浴びたのは、昭和39年の新潟地震のときで、地盤の液状化により4階建ての鉄筋コンクリート造の アパートが転倒するなど大きな被害が出た。


著作権・免責事項





| 新築一戸建て検索 | 中古一戸建て検索 | 中古マンション検索 | 土地検索 | 売却相談 | ローン相談 | 会社案内 |
不動産情報サイト「CENTURY21 大和住研」

ページトップへ